日本の穀物自給率

日本の穀物自給率

日本の穀物自給率や穀物の重要性についてのお話をしています。

 

穀物とは

穀物というのは稲や麦、あわや豆といった私たちが主食にしている作物のことですね。その栽培の容易さや保存性の高さから生活に必要なエネルギーを得るための貴重な食料源となっています。

 

穀物の種類

  • トウモロコシ
  • 小麦
  • 大麦
  • 雑穀
  • 蕎麦

 

日本や各国の穀物自給率

そんな穀物の日本の自給率(一国の穀物の全消費量に占める国内生産量の比率)はというと農林省調べによると28%となっているようです。世界各国と比較してかなり低い水準となっていますね。お隣国である韓国でもほぼ同じくらいなようです。

 

ちなみにその他の国はどうなのかというと以下のようになっていました。

 

各国の穀物自給率(%)
  • オーストラリア…291
  • カナダ…202
  • アメリカ…118
  • インド…109
  • ブラジル…103
  • 中国…100

※参考サイト:諸外国・地域の穀物自給率(2011)

 

日本の穀物自給率低下で考えさせられるのは天ぷら蕎麦が実はほぼ輸入品でできているということですかね。蕎麦も立派な穀物ですが国内消費量の90%は輸入によってまかなわれているという事実。その他天ぷらのエビも、衣の小麦まで。日本の伝統料理が海外の輸入なしでは作れないというのはちょっと残念な話ではありますね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

食料自給率とは
食料自給率とは何かということをわかりやすく解説しています。
食料自給率のカロリーベースとは
食料自給率のカロリーベースについての説明です。
食料自給率の世界ランキング
世界の食料自給率事情の簡単な解説と、ランキングの紹介をしています。
日本の米自給率
日本の米の自給率についてのお話です。米はある程度輸入に頼っているのか、また生産量や生産額はどうなっているのかなどなど。
日本の食料自給率の推移と低下する原因
当サイトでは栄養失調に対する対処法を紹介しています。栄養失調の原因・症状・治し方など様々な観点から栄養失調を分析し栄養失調を予防・改善していくことを目的としています。栄養失調に関する疑問解決にお役立てください。
日本の食料自給率問題の向上対策
日本はもう大分昔から食料自給率の低下が問題だといわれていますが、向上させる為には果たしてどのような対策をとる必要があるのでしょうか。
日本の食料輸入先は?
食糧のほとんどを輸入に頼っている日本ですが、主な輸入先としてはどこの国・地域が挙げられるのでしょうか。
県別の食料自給率
日本は食料自給率が高いことがしばしば問題視されますが、では県別で見た場合食料自給率というのはどうなっているのでしょうか。
北海道の食料自給率が高い理由
北海道の食料自給率が高い理由は何なのでしょうか。

 
HOME