日本の米自給率

日本の米自給率

日本の米の自給率についてのお話です。米はある程度輸入に頼っているのか、また生産量や生産額はどうなっているのかなどなど。

 

日本の米の生産額や生産量

日本といえば和食、和食といえば米といってもいいくらいで、実際米というのは日本の農業政策の根幹でした。でも日本の米の年間生産量は一昔前と比較してかなり減少してしまっています。

 

生産量

生産量は1984年に年間生産量約1180万トンだったのが、2009年には年間約850万トンにまで減少しています。

 

生産額

農産物全体に占める生産額の割合も減少しており、1960年代に50%前後だったものが、2009年には22.3%になっています。

 

このように昔と違って米がすでに日本の農業政策の根幹とはいえなくなっている現状があります。ただ米が日本の最重要の農産物であり、農産物全体に占める生産額の割合は、単一の作物としては一貫して最大であることは変わりません。

 

日本の米の自給率

なので米の日本の自給率はほぼ100%となっています。加工原料用や家畜飼料用も含めれば95%くらいに落ちますが、主食用米限定ならほぼ全てを自給でまかなっていると考えていいでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

食料自給率とは
食料自給率とは何かということをわかりやすく解説しています。
食料自給率のカロリーベースとは
食料自給率のカロリーベースについての説明です。
食料自給率の世界ランキング
世界の食料自給率事情の簡単な解説と、ランキングの紹介をしています。
日本の穀物自給率
日本の穀物自給率や穀物の重要性についてのお話をしています。
日本の食料自給率の推移と低下する原因
当サイトでは栄養失調に対する対処法を紹介しています。栄養失調の原因・症状・治し方など様々な観点から栄養失調を分析し栄養失調を予防・改善していくことを目的としています。栄養失調に関する疑問解決にお役立てください。
日本の食料自給率問題の向上対策
日本はもう大分昔から食料自給率の低下が問題だといわれていますが、向上させる為には果たしてどのような対策をとる必要があるのでしょうか。
日本の食料輸入先は?
食糧のほとんどを輸入に頼っている日本ですが、主な輸入先としてはどこの国・地域が挙げられるのでしょうか。
県別の食料自給率
日本は食料自給率が高いことがしばしば問題視されますが、では県別で見た場合食料自給率というのはどうなっているのでしょうか。
北海道の食料自給率が高い理由
北海道の食料自給率が高い理由は何なのでしょうか。

 
HOME