日本の食糧廃棄問題について

日本の食糧廃棄問題について

日本はその膨大な食料廃棄量が食糧問題として取りざたされることが多いですね。今回は日本の食料廃棄が多い原因や解決策について解説しています。

 

日本の食糧廃棄量

日本の食糧問題・・・と聞くと「え?十分食べ物はあるじゃん」と思われるかもしれませんが、日本で深刻なのは食料不足より食料廃棄のほうですね。これは日本だけの問題だけでなく、先進諸国全てに見られる問題ですが日本はトップクラスに廃棄量が高いです。

 

日本における食料廃棄量は1900万トンにも及ぶらしく、これは世界の7000万人が1年間食べていける量だそうです。ようするにもったいないが多すぎる国なんですね。

 

原因

ここまで食料廃棄量が多い理由の1つとして、賞味期限や消費期限に対する意識の高さが挙げられます。食品衛生に敏感になったからだと思いますが、賞味期限や消費期限を少しでも過ぎれば捨ててしまう人が非常に多いです。

 

まあ消費期限はともかく賞味期限に関してはあくまで「美味しく食べるのにベストな期間」を製造元が記してあるだけなので少しくらい過ぎても問題なく食べられますそれでも何となく気持ち悪く感じて捨ててしまう人は多いですし、お店側も賞味期限が過ぎた商品は売れ残りとして処分してしまいます。

 

この本来食べられるのに廃棄されてしまう「食品ロス」に関しては年間500~800万トンにもなるそうです。

 

※ソース:日本のもったいない事情

<スポンサーリンク>

関連ページ

世界の食糧問題の現状と原因
世界が抱える食糧問題の現状と原因をについて簡単にまとめています。
人口増加と食糧問題の関係
人口増加と食糧問題の関係性についての考察です。人口増加は食糧危機の原因となり得るのか、今後人口は増え続けるのか、などなど。
地球温暖化と食糧問題の関係
もう20年くらい地球温暖化が問題として取りざたされることは多いですが、その影響の1つとして挙げられるのが食糧問題ですよね。今回は地球温暖化と食糧問題の関係について考察したいと思います。
日本の食糧問題|現状や解決策
日本の食糧問題の現状とその解決策について考察しています。素人の意見ですのであしからず。
発展途上国の食糧問題
発展途上国の食糧問題は昔から続く問題です。今回は発展途上国の食糧問題の原因を解説しています。
食糧危機の原因と対策
今後食糧危機が起こり得る可能性はゼロではないのですが、どのような対策を打つのが得策なのでしょうか。

 
HOME