栄養失調とは?症状チェック

栄養失調を予防・改善する食事

栄養失調を予防・改善するための食事のポイントを紹介しています。これを参考にして日々の食事の意識を少しでも変えて頂ければ幸いです。

 

足りない栄養素を作らないこと

栄養失調は特定の栄養素が欠乏することでも起こる疾患です。その為例え量自体は食べていても野菜は全然だったり、肉や大豆を全く食べていなかったりするとビタミンやミネラル、たんぱく質不足に陥りやすいです。

 

最近はむしろ3食しっかり食べているのに栄養失調といわれるという人が増えているそうです。だから栄養失調を予防するための食事の基本は「バランスを意識する」です。

 

健康を意識した食事とはどんな食事か

まあそうはいってもどういうものを食べればバランスが取れていることになるのか、今まで栄養学に興味を持ったことのない人にはピンとこないと思います。そういう方の為に人間が健康に生きていくため1日で必要な食事のポイントを以下にまとめますので、参考にしてみてください。

 

栄養失調を予防する食生活
  • 色々な食品を組み合わせて食べること。
  • 肉や魚といったおかずだけでなく野菜も食べる。
  • 昼に野菜が採れなかったら夜に野菜を多めに採るなど1日のバランスを意識してみる。
  • 卵は意外に健康の強い味方。体内で作り出すことができない9種類のアミノ酸を含んでいる。
  • 海藻類には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれる。わかめやのりを味噌汁に入れて食べる習慣はおすすめ。
  • 大豆製品は植物性たんぱく質が補えるので1日のうち1品以上は食べたいところ。
  • 甘くて美味しい果物もビタミンC、Eが補える立派な健康食品。ただ食べ過ぎは太るので注意。
<スポンサーリンク>

関連ページ

栄養失調の初期症状
栄養失調の初期症状についてです。栄養失調は重度になる前に必ずある兆候があります。その兆候を見逃さずに早めに対処にあたれば重い【栄養失調の症状とは?】で紹介しているような健康障害を回避することができます。
1人暮らしは栄養失調になりやすい?
1人暮らしの場合は実家暮らしや夫婦暮らしの人よりも栄養失調になりやすいです。今回はその原因と対処法について考えていきます。
玄米は栄養失調の原因に?それとも予防する?
玄米と栄養失調というテーマでお話しています。玄米は栄養失調の予防にいいのか、はたまた逆にリスクを高めてしまうのか・・・。
妊婦の栄養失調の原因
妊婦の栄養失調というのは赤ちゃんの健康に悪影響を与えるリスクがあります。今回はその影響と対処法についてのお話です。
栄養失調の入院期間
栄養失調は重度になると入院が必要なケースがあります。入院した場合の治療方針や入院期間についてのお話です。
栄養失調の治療は?期間は?
今回は栄養失調の治療に関するお話です。栄養失調と診断されたらどのような治療方法がとられるのでしょうか。またその期間はどれくらいになるのでしょうか。
栄養失調は血液検査でわかるの?
栄養失調は血液検査でわかるの?という疑問に対する答えです。自分の栄養状態を知るには血液検査というのは有効なのでしょうか。

 
HOME